作業員

アンテナ工事で快適ライフ【業者の神業でスピーディ施工】

太陽の光を変換

ソーラーパネル

ソーラーシェアリングへの投資

近年、太陽光発電を農業と同時に行うソーラーシェアリングという技術が注目されています。ソーラーシェアリングとは、畑の農作物にとって余剰となる太陽光を発電に利用するという考え方に基づいた技術です。設備導入における初期費用はかかりますが、発電によって得られた電気の一部は電力会社等に売ることができますので、収入面から農業との両立も期待できます。 また、土地を所有していなくても、パネルオーナーという制度を利用することにより発電所のソーラーパネルを1枚から購入することができるので、太陽光発電事業へ投資することも可能です。 太陽光発電は石油や石炭などの化石燃料エネルギーによる発電と比較してCO2の排出がなく、安全な発電方法ですので、これからもより一層の普及が望まれます。

太陽光発電を利用するためには

太陽光発電のための農地転用は農林水産省により認められ、制度面からもソーラーシェアリングができるようになりました。しかし、太陽光発電への投資に対しては銀行からの融資が得られないことも多く、また、設置費用も高額となりますので、施工業者は慎重に選びたいものです。 施工業を選ぶときは、インターネットで複数の業者の一括見積ができるサイトがありますので、是非ともそのサービスを利用すべきです。複数の業者を価格や独自のサービス等で比較検討でき、さらに自治体によって異なる補助金についても確認することもできますので、契約する前に把握しておくのが良いでしょう。 また、条件を入力することで太陽光発電における費用や売電による収益をシミュレーションできるサイトもありますので、そちらの利用もお勧めです。